もうこりごり…女子の友チョコ・バレンタイン

valentine_005

現在、30代後半の女性です。私は小学校を卒業する直前のバレンタインに、ひどく手痛い失恋を味わいました。そこで中学校では、もうこんな思いはたくさんだ、次のバレンタインデーは何とか楽しく過ごしたい…そんな風に考えていたのです。

当時、私はバスケットボール部に所属していました。女子だけなので賑やかな雰囲気でしたが、更衣室でふと「バレンタイン、みんなどうする?」と誰かが言い出したのです。そんな場所で本命がどうのという人はまずいません。ですから私も、「適当に自分でチョコ作って、自分でたくさん食べようかなー」と軽く言いました。お菓子を作るのは本当に好きだったのです。ですが、口は災いの元、と言うように…。

「●ちゃん(私)!チョコ作るんなら、私に頂戴!」「私も!」「私も!」と、数十人の部員すべてが私に笑顔を向けたのです…。やってしまった、と内心で思いましたが、真面目な私はその押し付けられた「約束」を反故にすることがどうしてもできなかったのです。

2月13日、40人分の手作りチョコレート作り、およびラッピングに明け暮れている私を見て、母は小言を言いっぱなしでした。こんなにたくさん作って、どれだけ手間とお金がかかっているの?そんなに一生懸命に尽くして、真剣に応えてくれるお友達ばかり40人もいるっていうの、あなたの部活は??…と言う風です。私だって自分のお小遣いの自腹切りですから、内心トホホと泣きたいのを我慢していたのです。

そして14日。苦心のチョコを手渡すと、部員たちは「あれ、本気にして作ってくれたの?」というリアクションがほとんどでした。後輩たちは恐縮してくれましたが、中にはいつもは私を見下している女子が、満面の笑みで両手を差し出すと言うケースもありました。

疲労困憊して、私はやっぱりもうバレンタインはこりごりだ、と思ったのです。ちなみにその年、ホワイトデーのお返しはゼロでした。悲しきかな、女同士の友情。

ベッド専用香水って何?購入する前に見ておきたい事

couple55

ベッド専用香水は、夜の性生活を満足させるためにお勧めできる香水です。
彼氏や旦那とのHに満足できない人、もっと愛されたい。
と考えている人に自然に相手を誘うことが出来るアイテムの1つでもあります。

リビドーロゼの口コミから分かること

性別に関係なく人気です。
香水だけでなく、自分が雰囲気を作り出すということも大事ということを理解できます。
効果は個人で違ってきますが、何よりもその場の雰囲気と積極的な自分を同時に愛用することがお勧め。
ベッド専用の香水で彼を夢中にさせたいという人は多いと思いますが、口コミを参考にすると、香は凄く人気です。
今晩は勝負という時に、また1時間程度の効果なので、ホテルインしたときなどに最適です。

リビドーロゼの口コミから分かること

Amazon

ベッド専用香水を販売しているAmazonではリビドーロゼのリピーターが多くなっています。
また、男性がしたくなる瞬間などの情報もあり、参考になりますよ。
リピーターが多いとうことで、夜の営みに満足できるという結果に繋げる事が出来ます。
リビドーロゼをつける位置ですが、太もも辺りにつけると最適です。
ベッドに入る前につけると効果的。
布団の中で相手を誘う香で、彼もあなたに夢中になります。
また、自然な髪の毛の香りなどもプラスすることでさらに効果的です。

ラブリサーチ

ラブリサーチでは女性の恋愛情報が満載です。
実際の体験を記載しているので参考にすることが出来ます。
アンケートなども実施しているので、アンケートなどを参考にして、自分磨きをすることが出来ます。
ベッド専用の香水はたくさん販売されています。
比較して、自分に合った香りを選択するようにしましょう。
少し変わった香でも、相手を誘うポイントの1つになりますよ。

ラブリサーチ

真っ直ぐに想いを伝えてくれる人

03

恋人に求める条件はひとそれぞれあると思いますが、私が恋人に求める条件は、『自分のことを大好きでいてくれること』です。当たり前のことですが、『私、この人に愛されてるなぁ』と感じられること程幸せなことはないと思いますし、何年経っても変わらずにそう感じられる程示してくれる男性ってどのくらいいるのでしょうか。

私が学生の頃お付き合いしていた方が、まさにそんな方でした。2つ年上の部活の先輩。私はもともと小柄で、『可愛らしい子』ポジションに置かれることが多く、皆からまるでお姫様のような扱いをされていました。こんなことを言うと自意識過剰と思われてしまうでしょうが、もちろん皆『ネタ』としてやっていました。その先輩が筆頭となってやっていたわけですが、過保護なのはもちろん、他の男の子が話しかけてきたらその男の子を威嚇したり・・・『ネタ』でしたし、もともと明るく面白い雰囲気を作る人だったので、皆が笑える空気でやっていましたし、正直嬉しくて好きかも、と思ったこともありましたが、私もそういう『設定』なのだと思い込むようにしていました。

それから告白され、彼が本気だったことを知り、3年お付き合いしましたが、その間彼は変わることは全くありませんでした。ずっとストレートに想いを伝えてくれました。

大人になってみれば重いとか子供みたいだとか言う人もいましたが、私も真っ直ぐに彼を信じていられましたし、今思い出してもとても幸せな恋愛だったなぁと思います。

大好きな彼と見た深夜の流星群!

02

付き合い始めて半年になる彼と流星群を見に行きました。
お天気は快晴で、10年に1度と言われるくらいの絶好日和でした。
お互いの仕事が終わってから、夜20時に車で家まで迎えに来てもらい、途中コンビニに寄りながら2時間かけて湖畔沿いにある野営場に到着しました。

到着すると気温はマイナス2度。周囲は山々に囲まれており、星の光を遮るものは何も無く、空を見上げると沢山の星たちがキラキラ瞬いていました。
私たちの他にも周りには沢山の人たちが流星群を見にきていましが、私たちは周りの視線をお構いなしに、持参してきたダンボールをその場に敷き、その上にマットを敷き、スキーウェアを着込み、帽子と手袋を装着して完全防備で寝袋に入り、彼が用意してきてくれた暖かい黒豆茶とカフェオレをすぐ手の届く所に置いて、芋虫状態で寝転がりながら流星群を見始めたのです。

すると早々に流れ星が流れました。私たちは声を合わせて「あーっ!流れたーっ!」と興奮しながら言い、次々に流れる流れ星に「あーっ!」「あっ!」「あ~っ!」と雄叫びに近い歓声を上げていました。「今、上の方で流れたねー!」「今のはすごく光っていたよねー!」「今のめっちゃ長くなかったー!?」など、星の輝きと静けさだけが広がる野営場には私たちの歓声が響き渡しまくっていました。

時折起き上がって温かいカフェオレを飲みながら、目の前に広がる湖畔と空一面に広がる星々と横にいるお互いを見つめ合って幸せを感じる。

彼が「寒くない?」とほっぺたに手をあてて聞いてくれることに幸せを感じずにはいられませんでした。私たちは完全に二人の世界に入っていました。

彼の優しさに暖めてもらいながら見始めた流星群は、あっという間に3時間を経過してしまい、次の日私たちは二人とも仕事だったため、後ろ髪ひかれながら、また流星群を見に来ることを誓って岐路に着きました。

初めてのクリスマスイブ

クリスマス

彼氏と初めて過ごすクリスマスイブ。
ちょうど週末でお互いに仕事が休みだったので、朝から思いっきりデートをしよう、と言うことになりました。普段、忙しくてなかなか長い時間を一緒に過ごすことも出来なかったので、ここぞとばかりにやりたいこと、行きたいことをすることにしたのです。

クリスマスイブまでをカウントダウンしていきながら、お互いにやりたいことをリストアップして共有していき、ちょっとしたタイムテーブルまで作ってクリスマスイブに臨みました。

とは言っても、内容的にはささいなことばかりで、横浜のランドマークタワーに行ったり、横浜中華街でランチを食べて、買い食いをしてみたり散歩をし、そのあとはお買い物。あっという間に夜になり、予約をしたお店で夕ごはんを食べました。

その辺りから何故か彼氏がソワソワした様子。食事の後に教会に行くことになっていたので、その時間が気になるのかなと思ったけど、教会でのミサは夜中の0時から。まだまだ時間はあります。

食事が終わり、どうしたのか聞くと、行きたいところがある、間に合わないから急ごう、とタクシーに乗り向かったところはヘリポート。そう、内緒で夜空のナイトクルーズを予約してくれていたのです。

そんなドラマみたいなと思いつつも感動し、クリスマスイブの夜空を堪能しました。興奮が冷めないまま教会でのミサも終えて、ふとケーキを食べていないねと、ケーキ屋さんでカットケーキを買って帰った、そんな欲張りなクリスマスイブでした。

年明けと同時に

07

6年前、当時の彼氏との思い出。
出会ってから10年、付き合って3年になる彼氏と過ごす大晦日。

地元が一緒な事もあり、毎年近所の神社に初詣に行き…という当たり障りのない大晦日を過ごしていました。


ただその年の大晦日は、珍しくどこか行こうかとの彼氏からの提案で東京ミレナリオに行くことに。

いつもデートも近場で済ませていたので、久しぶりの遠出にワクワクしていたのを覚えています。

大晦日当日、いつもより念入りに化粧、いつもよりちょっとお洒落をして出掛けました。22時過ぎに東京駅に着いたものの、場所など詳しく調べて来なかった事もあり、どこが会場となるのかさっぱりな私達。

でも大晦日ということもあり、たくさんの人がいるので適当に着いていけば分かるよね、とのんびり過ごしていました。

けれど土地勘のない私達はどこに向かってもなかなか見つけられずにいました。
人に聞いて、やっと会場となる場所を発見!


けれど、ちっともイルミネーションが光っていません。
話に聞くと、カウントダウンと同時に点灯するとの事。


時間潰しにコンビニで温かいコーヒーと肉まんを買って食べました。

手袋を忘れて寒がる私の冷えた手を、ぎゅっと握って自分のポケットに一緒に入れてくれたのも良い思い出です。

時間がきて、周りの人のテンションも上がりカウントダウンのコールを始まりました。
頭上には驚くほどの光が溢れていました。
あまりの綺麗さに声を出すのも忘れて、見とれていました。

すると隣から「あけましておめでとう」の言葉と共に何かを差し出す彼氏。
手の平には箱に入ってるでもなく、ぶっきらぼうに乗せられたそのままの指輪がありました。

私は一瞬何が起こったのか分かりませんでした。次の瞬間・・・
「結婚しよう」
と彼氏の口から言われた時には、嬉しすぎて泣いていました。

いつもと違って大晦日にどこかに行こうと行ったり、少しソワソワしていた彼の行動はこの為だったのだと、その時初めて気付きました。


今ではそんな彼氏が旦那になり、気付けば2人の子どものパパになっています。

いまでもあの日のイルミネーション、そして暗くてちょっと見えづらかったけど照れた横顔は忘れられない思い出です。

Daiquiri(ダイキリ)

ダイキリ

私の周りに好評だった匂いはDaiquiri(ダイキリ)というものです。
フランス製のもので15mlと少量のものです。値段は、1000円くらいとかなり安めです。
青い箱に入っており、可愛らしさや女の子らしさというのとは少し違いますが、試してみる価値はあると思います。

香りとしては、爽やかで、やや甘めの香りです。
誉め言葉として、もらったのは「似合う」「シャンプーでも制汗剤でもない良い香り」等です。

どちらも、男友達以上恋人未満の男性からもらった言葉です。

まず、私のタイプですが、フリフリの似合う女の子らしい女の子ではありません。
高身長、基本はパンツスタイル、運動もしますが読書もします。
体育会系の熱いノリはありません。
しかし、冷めてもおらず、熱くなっているメンバーを横からクールダウンさせる役割を持っています。

男友達からは女の子と言うよりは、仲間という立場です。

一方、男友達のタイプはと言うと、体育会系です。
頭は悪くありませんが、必死に勉強するタイプではありません。
顔は、悪くはありませんが女の子の扱いは慣れておらず男友達といる方が楽しいと感じるタイプです。

まだまだ遊びたい、大人の男性ではなくどちらかというと幼いと思っていただけると良いです。

使ったのは、サークルのOB会です。
基本的に私は香水は使いません。
キツイ匂いも苦手なので全身ではなく、耳につけます。
量は近づいたら香る程度です。
なので、着けているのを気が付けるのは仲の良い人のみです。
なので、気が付いたら、よく気がついたねと言います。

これは、この香水でなくても良いのですが、体育会系でよく気にするのがシャンプーの香りと制汗剤なのです。
馴染みがあるので、男性も分かりやすく、二つの香りに近いが違う香りということで興味を促すのに良い香りだと思います。
普段使いできるのも良いです。

男性を意識したデートスタイル

やっぱりデートなので女性らしい格好をしたいと思います。その方が男性も嬉しいと思うのでちゃんとその辺はばっちりとキメて行きたいです。そうなると、おのずと格好は限られてきます。

せっかくのデートなので足を出したいなぁと思うので、ワンピーススタイルか、ボトムをショートパンツかスカートにするか、で決定です。

それにタイツを合わせてブーティかショートブーツを履いたらボトムは完成です。今年の秋冬はロングブーツが流行るそうなので寒ければ、ロングブーツでもいいかもしれません。

でもブーティやショートブーツの方が大人っぽく見えるので私はそちらの方が好きです。ワンピーススタイルならば、上にジャケットかコートを合わせて完了です。

大人なワンピースだったら、ダッフルコートを合わせて、ちょっとかわいくするのもいいかなと思います。ボトムがショートパンツか、スカートなら、それに合わせるトップスはやはり季節を考えるとニットでしょう。

なるべくタイトなニットを合わせたいです。スタイルが分かるようなニットを着て、彼氏をドキッとさせるのです。

そして羽織るのはチェスターコートがいいかもしれません。ダウンもいいと思います。カジュアルだったり、アウトドアなデートだったら、秋の場合は大抵ネルシャツを合わせます。

この時のネルシャツは大き目のメンズサイズのものを着ます。オーバーサイズをジャケット代わりにするのが好きなんです。このような感じで秋冬のデートスタイルにすると思います。

とりあえず、意識するのは男性が喜ぶ格好といううことです。これは絶対に忘れずにコーディネートします。

【クリニーク「ハッピー」】香水で夫婦の愛情も毎日ハッピー

あまり香水を使わないのですが、15年ほど前にクリニークの化粧品を愛用していました。その時に勧められたのが今でも人気のハッピーです。その頃はすでに主人と結婚していました。子育て真っ最中で、主人からはもはや女性でなく子ども母親のイメージが強い存在になっていました。
香水を使うと大人の魅力がアップし、使う人だけでなく周囲の人も匂いを嗅ぐとシトラス系なので「ハッピー」な気分になる香りで名前が着いたと販売員から聞きその点も気に入り購入したのが最初です。
実際、クリニークの宣伝文句も新鮮な「シトラスとソフトで官能的なフローラルのハーモニー」と現在もあります。嫌味のない爽やかな香りで主人と出かける時に使用してみました。鈍感な主人も香水に気づき「いい香り」だと気に入り何を勘違いしたのか「もう一人作るか。」とまで発展しました。
その頃サービス業の仕事で働いていたのでお客さんからもどこの香水かと良く質問されました。今は情報があふれている時代なのでシトラス系は柑橘系の匂いで爽やか、リフレッシュ効果の高い香水だと知られています。科学的根拠からもハッピーにしてくれることが解っています。
今では、熟年カップルとなってしまった私たちですが主人と出かける時に限りハッピーを使用しています。若いカップルでも恋愛が倦怠期を迎えている人は一度使用してみるのもいいかもしれません。今でも不動の人気を誇るハッピーを使っている私たちの夫婦の愛情も不動で毎日がハッピーだからです。

ファッションを変えることでマンネリを解消した

夜景

私は自分の肌や身体に自信が持てなかったので、一年を通して長袖長ズボンを着ていました。
特に私は日光の光も苦手でしたので、夏は日焼けを防止するという意味でも
できるだけ露出を少なくする格好をしていました。


彼とデートに出かけた時に色々な服屋を通りすがるので、
こんな服を着て欲しいということは何度も言われていました。
しかし彼の理想の服は私の理想に反していたので、私は聴く耳を持たなかったのです。

そんな状態が半年は続いたのですが、段々と彼が私から離れていくことを感じました。
仕事の都合もあったのでしょうがデートの回数は少なかったですし、
たまたま見てしまった携帯には発展こそしなかったものの
別の女とやり取りした形跡がありました。


このままではいけないと思い、私は勇気を振り絞って
決死の覚悟でひざ上丈のスカートを生まれて初めて身に付けることにしました。


初めてのスカートは全く落ち着く心地がしなく、初めてそれを着ていったデートの時も
皆が私のことを見ているのでは無いかと思って落ち着かない気持ちがしました。

スカートを履いている私を見た彼は、とても似合っていると言って
今まで以上に私に近づいてくるようになりました。
脚の露出が多くなって上機嫌になったのかもしれません。


可愛らしい服装をしていると彼がより優しくなることに気づいた私は、
自分から媚びるように可愛い服を着るようになりました。

今ではその彼と結婚していますが、結婚してからも
ファッションは可愛い物を楽しんでいるので夫婦仲は良くなっています。

リビドーロゼ