Daiquiri(ダイキリ)

ダイキリ

私の周りに好評だった匂いはDaiquiri(ダイキリ)というものです。
フランス製のもので15mlと少量のものです。値段は、1000円くらいとかなり安めです。
青い箱に入っており、可愛らしさや女の子らしさというのとは少し違いますが、試してみる価値はあると思います。

香りとしては、爽やかで、やや甘めの香りです。
誉め言葉として、もらったのは「似合う」「シャンプーでも制汗剤でもない良い香り」等です。

どちらも、男友達以上恋人未満の男性からもらった言葉です。

まず、私のタイプですが、フリフリの似合う女の子らしい女の子ではありません。
高身長、基本はパンツスタイル、運動もしますが読書もします。
体育会系の熱いノリはありません。
しかし、冷めてもおらず、熱くなっているメンバーを横からクールダウンさせる役割を持っています。

男友達からは女の子と言うよりは、仲間という立場です。

一方、男友達のタイプはと言うと、体育会系です。
頭は悪くありませんが、必死に勉強するタイプではありません。
顔は、悪くはありませんが女の子の扱いは慣れておらず男友達といる方が楽しいと感じるタイプです。

まだまだ遊びたい、大人の男性ではなくどちらかというと幼いと思っていただけると良いです。

使ったのは、サークルのOB会です。
基本的に私は香水は使いません。
キツイ匂いも苦手なので全身ではなく、耳につけます。
量は近づいたら香る程度です。
なので、着けているのを気が付けるのは仲の良い人のみです。
なので、気が付いたら、よく気がついたねと言います。

これは、この香水でなくても良いのですが、体育会系でよく気にするのがシャンプーの香りと制汗剤なのです。
馴染みがあるので、男性も分かりやすく、二つの香りに近いが違う香りということで興味を促すのに良い香りだと思います。
普段使いできるのも良いです。

男性を意識したデートスタイル

やっぱりデートなので女性らしい格好をしたいと思います。その方が男性も嬉しいと思うのでちゃんとその辺はばっちりとキメて行きたいです。そうなると、おのずと格好は限られてきます。

せっかくのデートなので足を出したいなぁと思うので、ワンピーススタイルか、ボトムをショートパンツかスカートにするか、で決定です。

それにタイツを合わせてブーティかショートブーツを履いたらボトムは完成です。今年の秋冬はロングブーツが流行るそうなので寒ければ、ロングブーツでもいいかもしれません。

でもブーティやショートブーツの方が大人っぽく見えるので私はそちらの方が好きです。ワンピーススタイルならば、上にジャケットかコートを合わせて完了です。

大人なワンピースだったら、ダッフルコートを合わせて、ちょっとかわいくするのもいいかなと思います。ボトムがショートパンツか、スカートなら、それに合わせるトップスはやはり季節を考えるとニットでしょう。

なるべくタイトなニットを合わせたいです。スタイルが分かるようなニットを着て、彼氏をドキッとさせるのです。

そして羽織るのはチェスターコートがいいかもしれません。ダウンもいいと思います。カジュアルだったり、アウトドアなデートだったら、秋の場合は大抵ネルシャツを合わせます。

この時のネルシャツは大き目のメンズサイズのものを着ます。オーバーサイズをジャケット代わりにするのが好きなんです。このような感じで秋冬のデートスタイルにすると思います。

とりあえず、意識するのは男性が喜ぶ格好といううことです。これは絶対に忘れずにコーディネートします。